TOP プログラム 参加登録 サテライト 
  実行委員長ごあいさつ 開催概要 スポンサー 後援  実行委員会 過去のアジャイルジャパン スポンサー募集

Agile Japan 2016 は終了いたしました。
多数のご来場ありがとうございました!
開催レポートは ManasLink ONLINE (http://www.manaslink.com/aj2016) にて掲載中です。



小冊子「アジャイルの魂2016」購入は manaslink shop
(http://shop.manaslink.com/)にて ご購入いただけます。

Agile Japan 2016 に向けて

昨年からの変化 私たち実行委員は、テーマを決めるにあたって、一年間の変化を話し合いました。そして、アジャイル開発を取り巻く環境が急激に変わりつつあることを確認しました。ソフトウェアを作る様々な場面で、アジャイル開発が話題にあがることが普通になってきました。プロジェクト立ち上げの際に、アジャイル開発が選択肢のひとつとして検討されるようになってきました。ソフトウェアを使う側、作る側の双方にとって、アジャイル開発を必要とする機会が増えてきました。

これから起こることに向き合う  日本のソフトウェア開発を長年支えてきた仕組みとの不整合が生じてきました。品質保証、開発標準、契約形態、会計監査、人材育成、など。現場がアジャイル開発の実践に踏み出せない理由として、よく耳にするようになりました。

あきらめない  しかし、あきらめてはいけません。仕組みを支える側も、どうしたら現場のチカラになれるのだろうかと悩んでいることを、私達は知っています。アジャイル開発の本格的な普及に向けて、ここからがスタートです。開発する人達と、仕組みを支える人達とで、深く話し合うことから始めましょう。小さいけれど一歩進むことのできる解決策が導かれるはずです。なぜなら、双方にとっての共通の目的は、継続的なプロジェクトの「成功」だからです。成功するために、自分たちにとっての「あなた」と話しましょう。

なにが必要か  まず、今は万能な答えはないということを確認しあいましょう。長年日本を支えてきたウォーターフォール開発も、仕組みを作るのに長い年月を費やしてきました。アジャイル開発は、これから仕組みをつくるのです。つくることができると信じてください。アジャイル開発の現場を見ているとわかります。人がいきいきして働く、お客様の声を真剣に聞く、お互いに喜ぶ、悲しむ。つくる、信じる、つくる、信じる。その繰り返しです。日々、一歩ずつでも進むことができれば、答えが見えてくるでしょう。

Agile Japan としてどう貢献するか  開発を取り巻く様々な分野で、アジャイル開発に期待し、応援し、仕組みを変えようとしている動きを、みなさんと共有したいと思います。「あなた」にとっての「あなた」が、今も応援しています。Agile Japan では、そのような人たち同士をつなげていきたいのです。まずは話し合いましょう。そしてつくりあげていきましょう。

忘れてはいけないこと  アジャイル開発を実践するにあたり、忘れてはいけないことがあります。アジャイル開発を継続してビジネス成果を出し続けるためには、根幹に「強い開発現場」が必要です。開発現場が動くソフトウェアをつくり続けることができない状態では、「あなた」と協業することも、「あなた」から信頼されることも、できないでしょう。だから、開発現場は技術を学び、磨いてください。アジャイル開発を始めたばかりの開発現場は、序盤は苦労が伴いますが、学び続けることで、どんどん強くなっていきます。そして、まわりは開発現場が技術を学ぶことを応援してください。これは、とても大切なことです。

テーマ  これらの思いを込めて、今回のテーマを「あなたとつくるアジャイル」にしました。ぜひ、Agile Japan 2016 をきっかけに、様々な「あなた」と「つくる」ことを実践できる日本にしていきたいと思います。

・最後に Agile Japan は、「あなた」と「つくる」を応援するために、様々な活動をしていきます。2015年11月27日に開催した初心者向けセミナーに続き、2016年5月31日にはメインイベントを開催します。その後に開催される地方や企業でのサテライトを、これまで以上に応援します。

思いを持ち、信じ、あきらめずに「あなた」と話し、次につなげていきましょう!


                              Agile Japan 2016 実行委員長 和田憲明

開催概要

開催概要
タイトル

あなたとつくるアジャイル
Agile Japan 2016

開催日

2016年5月31日(火)

会場

ヒューリックホール
〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル アクセス

プログラム こちらにてご確認ください。
参加対象

IT関連企業、ユーザ企業に所属されるソフトウェア開発のプロジェクトマネージャ、チームリーダーの方

主催

アジャイル ジャパン 2016 実行委員会

参加人数

400名

参加費 早割:15,120円(税込) 通常:25,920円(税込)

 


ご協賛 (お申し込み順)

スポンサー募集

アジャイルジャパンでは、スポンサーとしてご支援いただける企業様を募集しております。

スポンサーメニューの詳細については、こちら(agile@peak-1.co.jp)までお問い合わせください。


【ロゴ(チケット)スポンサー募集中】

チケットを10枚以上、10枚単位でご購入いただける企業様は、ロゴ(チケット)スポンサーとして当WEBサイト、
および当日の配布物などにロゴを掲載させていただきます。

社員の研修や、開発チームのスキルアップにチケットスポンサーをお役立てください。




Agile Japan 2016 小冊子 「アジャイルの魂 2016」執筆者募集!



アジャイルジャパン2016では、小冊子執筆者を募集します!
応募条件は、本イベントのメインテーマである「あなたとつくるアジャイル」 に関する内容について、読み物としての原稿を書いていただけることとし、 さまざまなテーマでの「あなたの物語」をお待ちしております。
※執筆者の募集は締め切りました。ご応募ありがとうございました。



Agile Japan 2016 公募セッション発表者募集!



2016/05/31(火)に開催予定の『Agile Japan 2016』では、 公募セッションを募集します!
応募条件は「あなたとつくるアジャイル」 に関する内容であることとし、 デザイン、組織、技術、顧客との関係、プロジェクトマネジメント、テストなど 様々なテーマでの応募をお待ちしています! 今回は 「あなたとつくるアジャイル」 というテーマの性質上、「公募セッションは、立ち位置の異なる発表者2名1組での応募が、必須条件」 となります。
※公募セッションの募集は締め切りました。ご応募ありがとうございました。
※応募いただき、採択された方はアジャイルジャパン参加登録費が免除されますので、参加登録は不要となります。



実行委員会

実行委員長 和田 憲明 
富士通株式会社
SI技術本部 技術戦略統括部 アジャイル実践センター
実行委員 (五十音順) 安藤 寿之
NECソリューションイノベータ株式会社
技術統括部 アジャイル開発支援センター
伊藤 裕子
株式会社東芝 インダストリアルICTソリューション社
IoTテクノロジーセンター プロセス・品質技術開発部
今村 博明
インフォテック株式会社
金融システム本部金融第5グループ
マネージャー
江端 一将 
株式会社 Odd-e Japan および 株式会社 Pastoral Dog
代表取締役社長
Agile Coach & Certified Scrum TrainerR (CST)
遠藤 猛 
パナソニック システムネットワークス株式会社
システムソリューションズジャパン カンパニー SE統括部

関 満徳 
グロースエクスパートナーズ株式会社
ITアーキテクト
中佐藤 麻記子 
株式会社 豆蔵
チーフコンサルタント
西河 誠 
AVCマルチメディアソフト株式会社
マネージャ
2012-2014 実行委員長
平鍋 健児 
株式会社永和システムマネジメント 代表取締役社長
株式会社チェンジビジョン 代表取締役社長
2009-2011 実行委員長

■運営・お問合せ

アジャイルジャパン事務局(株式会社ピーク・ワン内)
〒101-0054東京都千代田区神田錦町3-23 メットライフ神田錦町ビル4F
TEL:03-5577-3368(受付時間 10:00~18:00 土、日、祝日を除く)
FAX:03-5577-3369
info@agilejapan.org