リレーコラム

HOME  >  リレーコラム  >  2009年

富士通の和田です。
サイバー大学の前川さんからバトンを受け取りました。前川さんには富士通総研経済研究所ご在籍時代に社内カイゼンイベントで講演していただくなど、大変様々なご協力と学びをいただきました。

前川さんのコラムから、「この道」に入った経緯を書くこともバトンの一部かなと勝手に解釈し(笑)、少し書かせていただきます。

サイバー大学の前川です。
豆蔵の羽生田さんから、リレーコラムの重いバトンを受け取りました。

今は、サイバー大学(通学の必要がない完全インターネット制の国内唯一の大学)で情報経済論やITビジネス経営などを教えていますが、大学では情報工学を専攻し、通商産業省(現在の経済産業省)に入省してから1年半は業務プログラムを書き、その後2年半は情報システム開発プロジェクトの外注管理をしていました。

豆蔵の羽生田です。
「SKIP」をやられている倉貫さんからリレーコラムのバトンを受け取りました。

「アジャイル」という考え方はITやソフトウェアの開発を超えて普遍的なものなのか、それともソフトウェア開発固有の部分もあるのかという悩みも一緒にバトンに付いてきましたので、少し考えてみましょう。

倉貫です。
EM Zeroの野口さんからバトンを頂きました。ありがとうございます。

ソフトウェア開発でなく、雑誌や書籍作りでも「仲間」や「楽しさ」「いい仕事」は大事なんですね。そういえば、リレーコラムの第1回で、前田さんは広告業界での「クライアントとの対話」の重要性こそアジャイル、なんて仰っていたのを思い出しました。

EM ZERO編集部の野口です。

 エマーソンミルズさん、バトンをありがとうございます。「アジャイルは仲間と楽しくいい仕事をするためのフレームワークである」とのお言葉、まったく同感です!

エマーソン・ミルズです。

上田さん、バトンありがとうございました。先日参加しておりましたパネルディスカッションで似た話が出ました。前々回の前川さんのお話にでも繋がるところですが、アジャイルを実践すると「仲間」のいる「楽しい」仕事になるという不思議な効果があります。直接「仲間を作れ」などをアジャイルの書籍にかかれているのは見たことありませんが、どうして仲間のいる楽しい仕事になるのでしょうか?

上田雅美です。
私は日常からつぶやいてみたいとおもいます。
先日こんなことがありました。

自分の部屋にちょっとした家具を買いました。
その家具を置こうとしたことがきっかけとなって、
床を掃除したらワックスがけをしたくなって、
ワックスをかけていたら、
窓枠が気になって、窓も磨いて・・・

前川(なおまる)です。
西河さんの「思考停止」がなぜ起こってしまうのか?その点は、私も現場で苦労しながら悩んでいるところです。開発メンバーだけでなく、自分自身でさえも、「あとまわし」といいわけしながら、ついつい思考を停止していることも無きにしも非ずです。その度に自戒の念に苛まれてしまいますが・・・

西河です。
前のコラムで岡島さんが言われていた、
> 「上から降ってくる仕様をこなす」仕事に慣れてしまうと、大事なことを忘れてしまいます。
という部分は、私も問題意識を持っていました。

岡島です。
平鍋さんからのバトンを受け取りました。

私は、自分の所属する部署のビジョンの一つとして、
 「高顧客満足こそが高品質」
を掲げています。

前田さんが、「取引先としてのクライアントと、ひとりの人間として、しっかりと対話すること。」とアジャイルを捉えているのには共感するな。

アジャイルには、「繰り返し開発」という側面があるけど、それは、技術的な意味よりも、「対話」をする場面を「早めに」「多く」持つ、ということが真意なんだ。そして、ビジネスに追従して、顧客を満足させること。

IT企業のマーケティング活動に携わって、いつの間にか15年。オブジェクト指向が発端だったこともあって、どの広告会社よりもソフトウェア開発の近くにいることに自負はあったが、プログラミングとは無関係の私が、“アジャイル”のキーワードに職責を越えて惹かれたのは、なぜか。

随時更新、Agile Japan 2009実行委員による「リレーコラム」がスタートします。 アジャイルを取り入れたキッカケ、成功談、失敗談、などなど「生の声」を紹介していくことで、これからアジャイルを始める人の一助になれればと考えています。

SPONSORS
SKIP
運営・お問い合わせ:
アジャイルジャパン事務局
(株式会社ピーク・ワン内)

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目22番4号秀和南青山レジデンス502
tel:03-5414-5363
mail:info[at]agilejapan.org
([at]を「@」に変えてください。)

ニューインテリジェンスの企画
サイトに乗せたい情報などは
ebacky@agilejapan.org まで
ご連絡下さい。
よろしくお願い致します。
PAGETOP