イベント

HOME  >  イベント  >  2010年  >   Agile Japan 2010 プログラム:事例セッション3
2010.03.10

Agile Japan 2010 プログラム:事例セッション3

タイトル

「大規模アジャイル 〜パネルで語るそれぞれの挑戦〜」

 

概要

 

アジャイル開発が本格的に普及し始める前兆がいたるところで表れています。開発側だけでなく、ユーザ企業側が興味を持ち始め、調査/研究が始まっています。そして多くの大規模プロジェクトを抱える大手SI企業では、既に大規模プロジェクトへの適用に向けた取り組みが始まっています。

このセッションでは、3社からアジャイル開発に取り組んだ事例を簡単に発表していただき、その後にパネルディスカッションを行ないます。

 

講演者

 

神部 知明 氏 

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ

Webソリューションサービスグループ インターネット基盤サービス事業部 プロジェクト課長

 

玉川 憲 氏

日本アイ・ビー・エム株式会社

ソフトウェア事業 IBMソフトウェアエバンジェリスト、Rational 事業部テクニカルセールス部長

 

児玉公信 氏

株式会社情報システム総研 副社長/モデラー

技術士(情報工学),博士(情報学)

慶應義塾大学特別研究准教授

 

森下真衣 氏

株式会社情報システム総研

 

モデレータ

Agile Japan 実行委員 羽生田 栄一 氏 株式会社豆蔵 取締役

Agile Japan 実行委員 和田 憲明 氏 富士通株式会社 SBSG自律改善推進室

 


 

=> Agile Japan 2010 開催概要開催概要へ戻る

=> 参加登録はこちらから。 ※申込締切:2010年3月31日


 

SPONSORS
SKIP
運営・お問い合わせ:
アジャイルジャパン事務局
(株式会社ピーク・ワン内)

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目22番4号秀和南青山レジデンス502
tel:03-5414-5363
mail:info[at]agilejapan.org
([at]を「@」に変えてください。)

ニューインテリジェンスの企画
サイトに乗せたい情報などは
ebacky@agilejapan.org まで
ご連絡下さい。
よろしくお願い致します。
PAGETOP